車検の義務とガソリンスタンドで受ける時の特徴

車検は必ず受けなくてはならない

自動車を所有している人は、自動車保険を払う以外にも2年に1回は車検を受けなければなりません。新車の場合は3年に一回になります。車検を受けるのは、法律で決まっていることですので、もし期限までに車検を受けなければ罰金刑になります。車検は、通常業者から案内が来ますので、忘れることはまずありませんが、うっかり忙しくて忘れていることもあるかもしれませんね。万が一期限を過ぎてしまった場合は、自動車を運転することができません。その時は市役所に行って仮ナンバープレートを取得するようにしましょう。斜めに線がはいっているナンバープレートです。車検が終了すれば、市役所にナンバープレートを戻しに行かなければなりませんので手間はかかりますが、そうならないためにも期限までに必ず車検を受けるようにしましょう。

ガソリンスタンドが安い理由とは

車検を受ける場合は、一般的にディーラーや町の自動車整備工場を選ぶ人が多いです。ですが、最近はガソリンスタンドでも車検を受けることが可能です。ガソリンスタンドで受ける車検の特徴は、費用が安いことです。ディーラーなどで行っている車検に比べると、およそ2万円ぐらいは安くなるのが特徴になるでしょう。このように、金額を安くなる理由は、ディーラーなどと違って整備点検までは行わないからです。整備点検までをセットにしてしまうとディーラーなどとたいして金額が変わらなくなります。整備点検は自分たちで行うので、車検だけを受けたいと考えている場合は、ガソリンスタンドで受けるのがよいでしょう。

車検を軽自動車で受けた場合、法律で決まっている法定費用は3万5千円程度で安くすることはできませんが、車検基本料は店ごとに異なり、店を変えることにより安くすることができます。