日帰りバスツアーの魅力とは何かを知っておこう

多様化する日帰りバスツアーの魅力とは

近年、旅行会社でたくさんのバスツアーが組まれています。バスツアーの中でも日帰りバスツアーが多いです。日帰りバスツアーは、目的地に向けて朝方出発し、夕方から夜にかけて出発時に再び戻ってくるツアーです。宿泊をしないため、気軽に参加することができます。このようなバスツアーが最近増えてきた理由の1つは、バス会社の規制緩和によるものです。過去には、特定のバス会社しかバスツアーを組むことができませんでしたが、2000年以降にバスの規制緩和がされたおかげで、たくさんのバス会社が参入するようになりました。これによって、実に多くのツアーができあがったわけです。

また、高速道路が増えたのも理由の1つになります。高速道路ができたおかげで、日帰りで往復をするのが難しかった場所でも、日帰りで往復できるようになりました。

どのような日帰りバスツアーがあるか

日帰りバスツアーには様々な種類がありますが、最近急激に増えたのはスノボバスツアーです。かなり数のツアー数があるため、大抵のスキー場にはバスに乗って行くことができます。スノボツアーは、格安なのが魅力です。通常は、スキー場まで行き、ギフト券をつければ往復で1万円を超えますが、スノボツアーの場合は8,000円程度で利用することができます。朝方出発するバスと深夜に出発するバスがあり、いずれも早い時間にスキー場に着くため、6時間から8時間はスノーボードを満喫することができるのが魅力です。

一方で、かにバスも最近有名になってきました。かにバスは、兵庫県や鳥取県に向けてカニを食べに行くバスツアーです。参加者は年配者が多いですが、30代位の若い人も参加しているのが特徴です。

スノボツアーの人気の秘訣として、各地の人気のスキー場のプランが充実していることや、スケジュールを自由に選べることがあります。